メニューを絞って成功のファミリーレストラン

メニューを絞って成功のファミリーレストラン

ファミリーレストランが日本独自の形で庶民の食事処として定着しておりますが、一般的なファミリーレストランのメニューは大方のレストランが売れ筋の定番のメニューになっていますので、どこのファミリーレストランに行っても大きくは変わり映えしません。
 

 

料理の味の方も工夫はされておりますが、工場で集中管理方式で大量に調理しますので食材使用する調味料もマニュアル通りの分量で作られますから決して美味しいとは言えません。

 

金額から考えれば許せるかなという程度のものが殆どのファミリーレストランの料理になっています。

 

メニューの幅が広すぎるので食材にしても多種になりますから大量仕入れで良い物を安く仕入れるという本来の効果が薄れてしまいます。

 

その点で、中には決まった少数のメニューに限定して成功しているファミリーレストランも出てきています。

 

牛肉料理に絞って牛肉ステーキとハンバーグステーキを専門にすることで上質な牛肉を用意して美味しいハンバーグやステーキを低価格で提供できるシステムを確立して成功しています。

 

牛肉は国産もあればアメリカやオーストラリア、カナダなどからの輸入物も含めていますが、どれを食べても美味しく出来ています。

 

料理法も鉄板グリルを使ってじっくり焼き上げますので熱々がすぐに出て来ますし、シンプルな調理法ですから特別な技術を持った専門の高給取りの調理師を使わなくても調理できますので人件費も節約出来ますので、余った人件費分を食材に回せますのでさらに上質な食材を使えます。

 

調味料は数種類のソースとサラダドレッシングぐらいですので、特別な工場で調理して配送するようなムダもありません。

 

メニューは牛肉料理と付け合せの野菜類のガロニとサラダバーの何種類かの野菜ですので無駄が出ません。

 

ファミリーレストランでも、このようにメニューを絞ることで美味しさと低料金の両方を実現して成功しているものもあります。