日本人が好きな「逸品」で成功

日本人が好きな「逸品」で成功

不景気が後押ししてB級グルメに注目が集まっていますが、日本人の誰もが好きな一品といえばラーメンと餃子が上げられます。

 

B級グルメのコンテストが毎年開かれていますが餃子は常に人気があって上位にランクされています。

 

餃子は家族皆で楽しめるおかずですが、この餃子で有名になったファミリー向けの中華料理店が全国展開して大きな利益を獲得しています。

 

このチェーン店にはチャーハンから麺類、野菜炒めなど数多くの中華メニューがありますが、何と言っても人気メニューは「餃子」です。

 

このような例は他にもありますが、家族向けの和食店が家族の皆が大好きな「しゃぶしゃぶ」に大きく的を絞って売りだして成功を納めている見せもあります。

 

メニューを「しゃぶしゃぶ」に絞って比較的に安くして「食べ放題メニュー」を始めたことが人気が出たきっかけになっています。

 

また「フカヒレラーメン」で評判を得て有名になった中華料理店もあります。

 

このように特徴ある商品を一品作ることは大きな販促効果があるのです。

 

私達が外食をする時に数多くのメニューやコース料理を頭に思い浮かべることはありません。

 

「寿司」とか「しゃぶしゃぶ」や「焼肉」「餃子」・・・などの一品が頭に浮かんで食慾を増して外食先を決めることが多いのです。

 

ですから、売り出すメニューを考えるときには人気がある代表的な一品を打ち出し方が印象的になります。

 

印象は一品ですが来店してもらえば結局は一品だけ食べるのでなく他のメニューも食べてくれるのです。