家族で外食をする意味

家族で外食をする意味

このことは私達家族や友人たちとの関係においても仕事の関係においても同じですので外食産業の必要性があります。
 

 

大きな目で見れば飲食店などの外食産業が盛んになっていることは家族の平和と国の安泰にもつながっていると言えます。
毎日子育てや火事に追われ、ご主人は仕事でクタクタになりますので家族サービスも子どもと遊んであげる事もできません。

 

年老いた両親のお世話もなかなか出来ないので内心心苦しくも思います。

 

そんな中で時には夫婦子どもと両親も揃って家族皆で外食するのは皆のストレス解消にもなりますし楽しい団欒のひとときでもあります。

 

多忙な日常の中ではゆっくりと食事をして皆で会話を楽しむゆとりも持ちにくいのですが、皆でファミリー向けのレストランで食事をしながら色々な話もできますし、リラックスした雰囲気で初めて心が打ち解けて親しく話ができます。

 

また、仲の良い友人家族と家族同士が美味しいものを食べなから楽しい時を過ごすことで親しさも更に深まります。

 

「和を以て貴しとなす」という昔の格言がありますが、この意味は「和」という文字を見ますと左側が「禾偏=のぎへん」になっています。
「のぎへん」は稲を表しているそうで、つまりご飯を皆で食べることは「和」すなわち、皆が仲良く平和になれることを意味しています。

 

このように、昔から一つのテーブルを囲んで皆で食事をすることが皆の幸せになりますし、大きく見れば平和も保たれるという事になります。

 

国家を代表する人達もお互いに食卓を挟んで食事の時を持つことで心を打ち解けて仲良くすることで平和外交が出来るのです。