テーマパークとファミリーレストラン

テーマパークとファミリーレストラン

人が多く集まる遊園地やテーマパークには数多くのファミリータイプのレストランが数多く配置されています。

 

種類は豊富でスパゲティーやピザをメインにしたイタリアンからステーキハウス、日本風の洋食店、フレンチの家族向けのブラッセリー、寿司も入っている和食料理店、インド料理、タイ料理などのエスニックレストランと幅広い飲食店が軒を連ねております。
 

 

これらのテーマパーク内にある飲食店はテーマパークの経営会社がトータルプランを作る時に飲食スペースの区割り計画と飲食店の種類などを決めてテナントとして入るレストランに声をかけて募集をします。

 

また、料理の種類だけでなく価格の面でもある程度の数値目標を設定してテナントに予定している飲食店側と詳細の打ち合わせを行います。

 

数多くの入園客に満足してもらうためのメニューの種類や料理のボリューム感、価格、ランチメニューとディナーメニュー、料理が出てくるまでのスピードと回転率、サービス面のマニュアルから、清掃のクリーンリネスのマニュアルから徹底したマニュアル管理をします。

 

テーマパーク側とテナント側のとの契約はテーマパークによって違いがありますが、固定家賃の場合と売上歩合など色々あります。

 

また、テーマパーク全体の集客に対する協力金をテナントに化している場合もあります。

 

テナント側としては集客に対する軽費や努力はテーマパーク側によるしかありませんので、自分たちは毎日の調理とサービス、クリンリネスに集中して頑張ります。

 

テーマパークに来るお客さまの多くは家族連れかカップルが多いのですが、テーマパークの色々なライドを楽しんだ後はテーマパーク内のファミリーレストランで家族や恋人と楽しい食事時間を楽しみます。